廃車にすることで税金還付が受けられます

自動車税という税金は私たちにとって最も身近な税金の一つであると言えます。 毎年4月1日の時点で、自動車を所持していれば、軽自動車ならば一律に、普通車ならば排気量に応じて税金がかかります。 この自動車税は、4月1日から翌年3月までの税金を一括して前払いで支払っているので、途中で自動車を廃車にした場合、税金還付されるのです。 なお、税金還付は自動的にされるわけではなく、手続きが必要となります。 自動車を廃車にしてから1週間以内に管轄県税事務所、または陸運局に隣接する自動車税事務所に自動車税還付のための申請をする必要があります。 軽自動車の場合や3月に廃車する場合は、税金還付の対象外となりますので、注意が必要です。 また、4月に廃車にした場合、5月に1年分の金額の記載された納付書が届きますが、この納付書に従って納付する必要はありません。 税務署に連絡をして4月に廃車をした旨を伝えれば、再計算をしてくれ、4月分だけの納付金額が記載された納付書が届くので、そちらの納付書で納めましょう。









Copyright c 2008 BHP All rights reserved.